投資信託とは?「お金が無くなりそうで怖い」と感じる投資初心者にお勧めの方法

「投資って何から始めればいいか分からない」

「興味はあるけど、お金が無くなりそうで怖い……」

そんな投資初心者の方には、投資信託をお勧めします。

 

証券会社によっては、投資信託は100円程度から投資可能です。

そのため、投資初心者にとって投資信託はチャレンジしやすい投資方法でしょう。

 

とはいえ、

「投資信託ってどういう仕組みなの?」

「投資するメリットやデメリットを詳しく知りたい」

と考えている方もいるのではないでしょうか。

 

この記事では投資信託に5年以上投資しているFPが、投資信託の仕組みやメリット・デメリット・手数料について解説します。

 

最後まで読めば、投資信託の基礎知識をマスターできますよ!

 

 

 

投資信託とは?資産運用のプロに任せる方法

投資信託とは、資産運用のプロにお金を預け、代わりに運用してもらう投資方法です。

 

投資信託において、投資家のお金は下記のように流れていきます。

 

 

投資家のお金が金融市場に流れるまでに、販売会社・委託会社・受託会社と3つの機関を経由します。

販売会社とは、投資信託を投資家に販売する会社です。

主に証券会社・銀行・郵便局を指します。

 

委託会社とは、投資家から集めた資金をまとめて、資金を増やす戦略を考える会社。

 

そして受託会社とは、委託会社の戦略通りに投資したり、資産を管理したりする会社であり、主に信託銀行を指します。

 

投資信託のメリットとデメリット

投資信託に投資する前に、メリットとデメリットを押さえておきましょう。

 

投資信託のメリット3点

投資信託のメリットは、下記の3つ。

 

  1. 分散投資できる
  2. 小額から投資できる
  3. 資産運用のプロに任せられる

 

それぞれ解説します。

 

①分散投資できる

 

1つ目のメリットは、投資信託で分散投資できる点です。

 

投資信託では、株式・債券・不動産・コモディティと複数のところへ投資します。

複数に資産を分散させれば、同時にリスクも分散させられるのです。

 

例えば100万円の資金をA社の株式に投資した直後に、A社の株価が50%下落したとしましょう。

この時、投資した100万円は50万円にまで減ってしまいますね。

 

一方で100万円の資金をA社・B社・C社・D社・E社の5つの株式に20万円ずつ振り分けて投資したケースを考えてみてください。

仮にA社の株価が50%下落しても、20万円の半額なので損失額は10万円で済みます。

 

さらに100万円を100社に分散させたとすれば、よりリスクを分散できるでしょう。

 

投資信託では、株式に限らず様々なところへ分散投資できるので、暴落リスクを抑えられるのです。

 

②少額から投資できる

投資信託は少額から投資可能です。

例えばSBI証券であれば、100円から購入できる銘柄があります。

 

最低買付金額が低ければ、投資に挑戦する心理的なハードルは低くなるでしょう。

万一、投資した銘柄の価値がゼロになったとしても、投資額が100円であれば大きなダメージにはなりませんよね。

 

したがって投資信託なら、投資初心者が100円で投資を経験できるのです。

 

③資産運用のプロに任せられる

投資信託を利用すれば、資産運用のプロが代わりに運用してくれます。

 

投資初心者は証券会社を通じて投資信託を購入し、後は運用結果を時々確認するだけ。

そのため自分で投資先を分析する手間を省けるのです。

 

デメリット

続いて投資信託を利用するデメリットについて解説します。

投資信託には、下記のようなリスクがある点に注意しましょう。

 

  1. 価格変動リスクがある
  2. 金利変動リスクがある
  3. 為替変動リスクがある

 

それぞれ解説します。

 

①価格変動リスクがある

「投資信託は複数の投資先に分散するので暴落リスクを抑えられる」と上記しましたが、価格変動リスクは回避できません。

 

投資信託は元本を保証する金融商品ではないため、運用成績によっては元本を下回るケースがあるのです。

例えば2020年3月、新型コロナウイルスの影響で世界中の株式市場は低迷しました。

 

分散投資しているとはいえ、景気全体が悪ければ運用成績も落ちてしまうでしょう。

当時、僕は投資先を100%株式にしている投資信託を保有しており、その時は大きな含み損を抱えていました。

 

このように投資信託には政治・経済情勢といった様々な要因で価格変動するリスクがあるのです。

 

②金利変動リスクがある

金利変動によるリスクにも注意が必要です。

一般的に金利上昇により債券価格は下がり、反対に下落すれば債券価格は上がります。

もし債券の比率が高めの投資信託に投資した場合、金利変動により含み損を抱えるかもしれません。

 

③為替変動リスクがある

為替レートの変動で投資信託が下落するケースもあります。

外国の通貨を使用して投資信託を購入すれば、通貨価値の変動により損する可能性があるのです。

 

例えば1ドル=110円の時に、ドル建ての投資信託を購入したとしましょう。その後、1ドル=105円になったタイミングで投資信託を売却すれば、差額5円分の損失が発生します。

 

つまり外貨建ての投資信託に投資する場合、円高になれば不利であるのに対して、円安になれば有利になるのです。

 

 

必要な手数料

投資信託に投資する際は、手数料が発生する点に注意しましょう。

 

必要な手数料は、下記の通り。

 

手数料が発生するタイミング 手数料の名称 必要な手数料
購入時 購入時手数料 0~5%
保有時 信託報酬(運用管理費用) 0.1~3%
売却時 信託財産留保額 0~0.5%

 

 

購入時手数料は、投資信託購入時に発生する手数料です。

積み立てNISAで取り扱っている銘柄を始めとして、購入時手数料が不要である投資信託もあります。

 

信託報酬は投資信託保有時に発生する手数料です。

 

そして信託財産留保額は、投資信託売却時に発生します。購入時手数料同様に、手数料が発生しないケースもあるので、購入前に確認すると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は投資信託について大まかな解説をしました。

投資信託は一度に複数に投資できる上に、少額から始められるため、初心者に向いている投資方法でしょう。

 

ただし為替変動・金利変動リスクや手数料に注意する必要があります。

 

投資に興味のある方は、試しに少額で投資してみるのをお勧めします。

 

 

 

Follow me!

投稿者プロフィール

むるむる
むるむる金融ライター/トレーダー
むるむるです。金融ライター兼トレーダー|元介護士|会社員に向いていないので働きながらライター業に挑戦→月15万以上稼げるようになったので独立|サンマルクのチョコクロが好物|金融ライティング(特にFX、仮想通貨が得意)、編集、オンライン取材、LP制作してます。